漫画「猿ロック」の感想※ネタバレ

リツコのために

鍵

第9話「ドラッグマスターの狂気!」~第11話「制裁」

漫画「猿ロック」続いてのお話は、主人公であるサルの幼なじみたばこ屋のリツコをめぐる物語です。複雑な家庭環境のせいで夜寝付けないという睡眠時の問題をきっかけに、自身のインターネットホームページ「不思議の国のアリス」を通じて合法ではありますが、睡眠薬を販売していたリツコ。ある日彼女は渋谷最大の不良集団「HEAVEN'S CROW」のリーダーであるサイトウから、仲間のバンドのデビュー祝いに行われるクラブパーティのために「ツイスター」という薬を大量に仕入れるよう依頼をされます。この事を知ったリツコの取り引き相手でもあり、商売敵でもある売人通称「ドラッグマスター」が、スタンガンを使ってリツコを公園で襲撃して「ツイスター」を奪い去ってしまいます。間一髪、サルの友人でもあり警官の山田に助けられた自宅に運ばれたリツコでしたが、「ツイスター」を受け取れないことに激怒したサイトウから呼び出しをくらハメになります。呼び出し現場に向かおうとするも、「ドラッグマスター」に無理矢理飲まされた「ツイスター」のせいで意識が朦朧として、歩くこともままならないリツコ。これを見かねたサルと山本が、リツコの代わりに呼び出し現場に行って、事の次第をサイトウに伝えますが到底聞き入れられるはずもなく、その場でHEAVEN’S CROWのメンバーたちに袋叩きにされてしまいます。

Copyright(c)2014 漫画「猿ロック」の感想※ネタバレ 鍵屋は紛失した鍵交換を行ってくれるAll rights reserved.